カードローン審査の在籍確認、アルバイトの場合は?

MENU

カードローン審査の在籍確認ですがアルバイトの場合は?

 

消費者金融などのカードローンはアルバイトの方でも申込が可能です。ただし、健康保険証が発行されることはないため、原則として職場への在籍確認の電話は必須だと考えられます。

 

とはいえ、アルバイトの方に外部から電話がかかってくることは少ないことが多いでしよう。この場合、あらかじめ職場の人に自分へ電話があると言っておいた方がいいと思われます。

 

カードローン利用を他人に隠したいのはわかりますが、普段電話がかかってこない人に電話があればどう見ても不審です。事前に話を通しておけばスムーズに在籍確認ができます。ただし、代替手段として、プロミスのWEB完結を利用するのも一つの方法です。

 

在籍確認の電話を省略する手段として、健康保険証を利用していることが多いのですが、プロミスのWEB完結は会社名入りの給与明細でもOKです。国民健康保険証しか持たないアルバイトの方でも在籍確認の電話を省略できる数少ない消費者金融です。

 

また、銀行系カードローンは基本的に在籍確認の電話を省略してくれません。そのため、在籍確認の電話を受けることができるか否かが問題です。

 

例えば電話オペレーターの仕事をしている場合、外部からの電話を受けることができるとはいえ、相手の電話が確実に自分につながる保証はありません。

 

事務職などで電話番の仕事も兼ねていればいいのですが、現場作業の場合も難しいでしょう。どうしても職場への在籍確認の電話を受けることが難しいというのであれば、一度消費者金融などに相談してみることをお勧めします。銀行の場合はあまり対応してくれないようですが、消費者金融は結構親身になって対応してくれることが多いです。

 

在籍確認は、無担保融資であるカードローンの審査では必須の手続です。省略することができない以上、何らかの手段を考える必要があります。